読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

141字以上で述べよ

Twitterに嵌って3年、140字を超える文章を綴れない奇病を患った漫画原作者の戯言置き場です。

漫画原作者になる5つの方法

はじめに

・どう足掻いても小説家になれない

・自分の文章で何としても商業デビューを果たしたい

・絵は描けないけど漫画に携わりたい

 

以上の方々に向けて、駆け出し漫画原作者が考える「漫画原作者のなりかた」について綴った日記です。単行本すら出していない私が偉そうに語れる話でもありませんが、逆を返せば商業デビューを目論む皆さんとそう立場も視点も変わりません。決して違う世界のお話ではなく、近い将来あなたにも起こるお話かもしれません。

月刊誌の連載を頂けた経緯も含めて書ければと思います。

 

1.文章を発表する場を設ける

媒体は問いません。TwitterFacebookをはじめとしたSNSでも良いですし、ブログを開設してみるのも一興ですし、「小説家になろう」といった文章投稿サービスを用いるのも効果的です。

大事なのは、自分の文章を第三者に晒す場を設けることです。内容は趣味に関してでも良いですし、書籍に関する感想でも日記でもOKです。ただし、自分にしか書けない文章を心掛けましょう。

私はTwitterで新人コンビニ店員との業務日記を随時140字で綴りました。コンビニ店員は石を投げれば当たるほどいますが、140字で手軽に読める業務日誌を書いたのは私くらいしかいなかったように記憶しています。

個人的にTwitterはおススメです。お気に入り登録やRTなどブログのコメント欄以上の早さで読者さんの反応が窺い知れますし、何気なく呟いた一言があるとき爆発的にRTされる可能性も十二分にあります。

 

2.同人誌を作る

昔は出版社に持ち込んで漫画雑誌に載せてもらうというのが主流でしたが、今は同人誌即売会で目をつけられてスカウトされるというケースも少なくありません。これで商業デビューを果たした漫画原作者を私は2人知っています。

彼らは絵描きと手を組んで「原作:○○ 漫画:××」という形の合同誌を発行しました。その出来栄えが編集さんの目に止まり、デビューに至ったというわけです。

私の商業デビューは同人誌がきっかけではありませんが、お話を作ること自体は好きだったので、短編小説を持ち寄って合同誌を発行するサークルに所属していました。1人で立ち上げる自信がないなら寄稿を受け付けているサークルを探すのも良いと思います。

漫画原作の仕事に携わる以上、お話をつくるということからは逃れられません。必須課程ではありませんが、同人誌の構想1つ浮かばないようでは難しいかもしれません。

 

3.知識と経験を蓄える

漫画原作者に求められるのは「漫画家さんに思い付かない台詞や展開を考えること」です。そのためには専門性の高い仕事を経験したり、書籍を読み漁ってお話に使えそうなネタを仕入れる必要があります。

私はコンビニ関連の知識ならコンビニ未経験者よりもあります。要はこの程度で良いのです。自分の日常は他人から見たら非日常に溢れています。奇抜な経験を進んで積む必要はありません。大事なのは自身の経験に一言思いを添えた文章を書くことです。それだけで貴方にしか書けない文章の出来上がりです。

知識に関しては「××なら誰にも負けない!」と語れる得意分野を作るといいかもしれません。私も大口を叩ける身分ではないのですが、おっさんを科学する文章なら誰にも負けないつもりです! これが漫画原作に活かせているかは甚だ疑問です!

 

4.持ち込む

漫画原作者としてスカウトされるのを待っているだけじゃ、白馬に乗った王子様を待ち侘びる少女と大差ありません。掴み取りに行きましょう。

出版社に直接出向かなくても、同人誌即売会には出張持ち込みコーナーというものが設けられています。何百という作品を見てきた編集さんのアドバイスを頂ける機会でもあるので利用しましょう。

ちなみに私は大昔、某出版社に小説を持ち込んだことはありますが、商業デビューには至りませんでした。しかし客観的に自分の作品を見つめ直す良い機会ではありました。やはり創作は独りよがりになりがちなものなので……。

人に読んでもらう文章を書くには、同人誌や持ち込みなど人の目に触れさせて反応を貰い、そこから改善点を見出さないことには始まりません。

 

5.編集さんにアピールする

一番手っ取り早いのは編集者の人脈を持っていることです。「漫画原作者を志していて、こんな作品が描きたい」と話を持ち掛ければ聞いてくれると思います。

しかし私も含めて、そんな人脈なんか持ち合わせている人などいないでしょうから、自身のHP上やプロフィール欄に「漫画原作者を志しています」という一言と共に連絡先を添えましょう。書かないよりかは、マシです。

1年間の呟きをまとめた記事に60万view以上の反響を頂いた際、冗談交じりに「書籍化したいという出版社がいらっしゃいましたらお気軽に御連絡下さい」と呟いた結果、4社からお声を掛けて頂いたので、あながち馬鹿にはできません。

 

さいごに

いきなり素人から商業デビューを果たすのは至難の業です。

ですが以上の5つを実践したド素人の私は今、月刊漫画誌で連載しています。

方法論なんて千差万別ですしこれが正しいとは言いませんが、一つの事例としてこの日記が伝われば嬉しいです。